MENU

インプラント治療について

歯を失って悩んでいませんか?
忘れていませんか?食べる喜び、笑う喜び

矯正・インプラント治療初診無料相談受付中!

当院のインプラント治療

自分の歯が再生したような快適な暮らしを…

・固い食べ物や粘りのある食べ物を食べられない
・きちんと発音できない
・食事が美味しく感じられなくなった
・人と話すことが億劫になった
などの悩みはありませんか?

合わない入れ歯を使用していると、食事だけではなく生活の質にも影響を及ぼします。 インプラントは自然の歯とほぼ変わらない見た目と機能を回復できる治療法です。
インプラントで自分の歯が再生したような快適な暮らしを実現しませんか?自然な笑顔を取り戻せます。
松戸やぎり歯科・矯正歯科では、不安や疑問を解消してインプラント治療を受けていただけるよう、インプラント初診無料相談を実施しております。

インプラント治療とは?

歯は歯冠(目に見える部分)と歯根(歯冠を支えている部分)から成り立っています。
歯を失うということは、歯冠だけでなく歯根も失うということです。
インプラント治療では、失ってしまった歯根の代わりにチタン製のインプラント(人工歯根)を顎の骨に埋め込んだ上で、人工の歯冠をしっかりと固定させます。 チタンは生体組織内において異物とはみなされず骨と違和感なく結合するという特性を持っており、インプラント治療はそのチタンの特性を利用しています。
インプラントは顎の骨にしっかりと固定するのでグラつきやズレが生じることがありません。
違和感・異物感を感じることもなく自分の歯と変わらない感覚で噛むことができます。

ノーベルバイオケアのインプラントシステムを採用

1952年、スウェーデン人のベル・イングヴアール・ブローネマルク博士は、チタンが骨組織と親和し結合することを発見しました。 その後、長期にわたる研究を経て、1965年より博士は歯科分野でのインプラント治療を開始。
以来、何百万人もの患者様がデンタルインプラントによって、歯の機能・審美性・生活の質の向上を実感されています。
現在ノーベルバイオケアのインプラントは、埋め込んだ時には独自の形態によって骨に強固に固定され、さらにタイユナイトと呼ばれる表面加工が骨の形成を促進するため、短期間に骨と結合します。

松戸やぎり歯科・矯正歯科のインプラントは数ある世界中のインプラントのメーカーの中でも最も歴史と実績が認められている「ノーベルバイオケア」社のインプラント製品を使用しています。
そのため、インプラントの治療も安心して受けていただけます。
当院のインプラント治療は、顔貌の改善や術後の安定が良く、咀嚼機能の向上が図れ、顎関節症を伴う不正咬合の治療に効果的な結果が得られます。

インプラント治療と従来の治療方法の比較

従来歯を失ったときの治療法として、両側にある健康な歯を削りブリッジ(橋)のように人工の歯をかぶせるブリッジと呼ばれる治療法や、取替え式の部分入れ歯等があります。
これらの治療法では後々何度も作り直す必要があるというデメリットがあり、また咬合の安定と保全および残存歯列の長期的維持という点でも色々な問題がありました。

インプラントはこれらの問題を解決できる治療法です。
従来の治療法とインプラント治療の違いをご説明いたします。

隣接する歯を1~2本失った場合

奥歯を含めて複数の歯を失った場合

すべての歯を失った場合

インプラントのメリット・デメリット

メリット
自分の歯で噛む感覚
インプラントにすることにより、「自分の歯と同じような感覚でしっかりと噛む」事が可能になります。入れ歯にした場合は、ズレ、違和感や食べ物が入れ歯に挟まるといった問題が発生する可能性もありますがインプラントはそういった心配がありません。
健康な歯への影響を与えない
インプラントでは一部の治療法を除き、周りの歯を支えにせず独立した治療を行うため、残っている健康な歯に負担をかけずに済みます。

 

デメリット
治療期間が長い
手術以外にも抜歯や経過観察などで5回程度の通院が必要になります。治療期間は症状によってそれぞれ異なりますが、長ければ6ヶ月程度かかる場合もあります。
手術が必要
インプラント治療では、あごの骨にインプラントを埋め込むための手術が必要になります。麻酔で痛みはかなり軽減されるものの、少なからず体には確実に負担がかかります。

 

千葉県松戸市矢切【松戸やぎり歯科・矯正歯科】へのお問い合わせ

© 2022 松戸やぎり歯科・矯正歯科