MENU

矯正歯科治療について

隠していませんか?自分の笑顔 -矯正歯科治療のご案内-

矯正歯科治療は子供だけの治療ではありません。
また用途や方法も様々です。

矯正・インプラント治療初診無料相談受付中!

常識になりつつある大人の矯正歯科治療

目立たない矯正装置できれいな歯並びを

上下の前歯が重ならない・出っ歯・受け口・噛み合わせの悪さなどのお悩みはありませんか?
矯正歯科治療は子供だけの治療ではありません。
基本的に歯の移動のメカニクスは子供でも大人でも同じなので、年齢に関係なく矯正歯科治療を受けることができます。

矯正装置に抵抗のある方が多いかもしれませんが、現在は科学技術・材料の進歩により、目立たない矯正装置や歯の裏側に付ける見えない矯正装置などがあります。
日常生活に邪魔になることもなく、食事はもちろん、激しいスポーツでも大丈夫です。歌うことや楽器の演奏も可能です。

矯正歯科装置の種類

【1】インビザライン(マウスピース矯正)

インビザラインとは、取り外し可能な透明のマウスピース(インビザライン)を用いて矯正を行う方法です。 1997年に米国のアライン・テクノロジー社により開発され、現在世界で140万人以上の患者様が治療を受けている新しい歯科矯正システムです。

カスタムメイドされたマウスピースを2週間に1度交換を行い、徐々に歯を動かしていきます。
この方法はご自宅での治療が可能なので、通院は歯の動きを確認する定期チェックのために2〜3ヶ月間隔で大丈夫です。
金属の矯正装置に抵抗のある方や目立たない矯正器具をご希望の方、なかなか通院できない方へおすすめの最新の矯正歯科治療です。

【治療費】71万円(税抜)

【2】ホワイトワイヤーによる矯正治療

表側に矯正装置を付ける方法ですが、当院の装置は目立ちません。
ワイヤーはホワイトワイヤーを使用、前歯(切歯、側切歯、犬歯)には透明の矯正器具を使用することで、従来の矯正装置よりはるかに目立ちにくくなります。

【治療費】
・メタルワイヤー:45万円(税抜)
・ホワイトワイヤー:54万円(税抜)

【3】舌側(リンガル)矯正

「舌側(リンガル)矯正」とは、通常歯の表側に付ける装置を歯の裏側に装着し、矯正装置を見えなくする方法です。
接客や営業等、人と接する機会が多い仕事の方におすすめです。
金属の矯正装置に抵抗のある方や目立たない矯正器具をご希望される方へおすすめの最新矯正歯科治療です。

【4】インプラント矯正

通常の矯正器具とインプラントを組み合わせたインプラント矯正は最先端の歯科治療です。
小さな板状のインプラントを奥歯やあごの骨に植えて固定源にすることで、歯が奥に移動できることが最大のメリットです。
大臼歯を後側に移動させたり、位置を下げることができます。 今まで抜歯や顎の手術が必要になった症例でも、歯を抜かずに短期間で矯正を行うことができるようになりました。

不正咬合の症例

悪い歯並びを総称して不正咬合といい、逆にきれいな歯並びで良い咬み合わせを正常咬合といいます。
不正咬合は心身に大きな影響を与え、正常咬合になることによって多くの問題が解決されます。

叢生(そうせい) 乱ぐい歯・八重歯

顎が小さい場合や顎に対して歯の幅が大きい場合など、歯の生える場所が足りない場合に起こる不正咬合です。

空隙歯列弓(くうげきしれつきゅう) 隙間

顎が大きい場合や顎に対して歯の幅が小さい場合に起こるもので、歯列に隙間が生じます。

過蓋咬合(かがいこうごう)

咬み合わせが深く、下の歯列が上の歯列に覆われて見えなくなっています。

過蓋咬合(かがいこうごう)

顎が大きい場合や顎に対して歯の幅が小さい場合に起こるもので、歯列に隙間が生じます。

上顎前突(じょうがくぜんとつ) 出っ歯

上の前歯や歯列全体が前に突き出ている不正咬合です。

開咬(かいこう) 乱ぐい歯・八重歯

顎を閉じて咬み合わせても、上下の歯に隙間ができてしまいます。

下顎前突(かがくぜんとつ)

下の前歯が上の前歯より前に出ています。

 

千葉県松戸市矢切【松戸やぎり歯科・矯正歯科】へのお問い合わせ

© 2019 松戸やぎり歯科・矯正歯科